• かいせい鍼灸治療室



先日、近くを流れる川沿いの桜を見物してきました。

このときは、まだ開花前の木も多かったのですが、ここ数日の暖かさでかなり花が開いてきたのではないでしょうか。

春は全てが目覚める季節。植物が芽吹き、生き物は冬眠から覚めてきます。

人の身体も同じこと。冬から春になり、身体のめぐりも少しずつ活発になってきます。そのため、 身体の陽気が上昇しやすく、上半身がほてってしまったり、ぐっすり眠れなくなったりしがちです。

そんな時は、ゆったりと温めのお風呂に浸かったり、何も考えない時間を作って頭を冷却することが必要です。また、少なくとも眠りにつく30分前からはスマホや携帯電話、パソコンやゲーム機を遮断して、好きな音楽を聴いたり、好きな本を開いたりアロマをたいたりして心を落ち着かせるようにすると、自然な眠りにつきやすくなります。

また、環境の変化も多いこの時期は精神的にも緊張感が高くなりがちです。そういう時期だからこそ、努めてリラックスする時間を意識して快適な睡眠をとり、元気に新年度を過ごして頂きたいと思います。


また、夜桜見物も乙なものですが、朝晩はまだまだ冷え込みます。

温かくして、体長を崩さないようお気をつけ下さい


7回の閲覧

© 2016 かいせい鍼灸治療室     All Right Reserve        

  • s-facebook
  • Twitter Metallic