• かいせい鍼灸治療室

GW後半



GWも後半、お出かけの疲れが出ている方も多いのではないでしょうか。

連休明けに疲れを残さないためにも今のうちにたっぷりと休養をとって食事でしっかりと栄養をとっておきたいものです。

そんな時におすすめなのが鶏胸肉、マグロ、カツオ。これらに多く含まれるのがイミダペプチドという成分で、優れた疲労回復効果があることで注目されています。イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は動物の骨格筋に含まれており(もちろん人間にもあります)、疲労の原因となる活性酸素を除去し細胞の酸化を防ぐことで、疲労をやわらげる作用を持っているそうです。

イミダペプチドは、乳酸(筋肉内に含まれる疲労の原因物質)の分解を促進させ、身体の疲労感をやわらげる効果があります。また活性酸素が増えた時に感じやすい精神的なストレスをやわらげる効果も期待できます。そして、1日に200~400mgを3週間以上継続して摂取することで抗疲労効果が得られるようになるようです。食材の中で最もイミダペプチドが豊富な鶏胸肉で100g中に200mg含まれています。ですから毎日100gの鶏胸肉を食べるのがおすすめです。これは鶏胸肉約1/2枚分。このくらいなら無理なく摂取出来そうです。ちなみに、コンビニの唐揚げやサラダチキンでも十分摂取できるようです。

イミダペプチドには疲労回復効果のほか、老化防止・運動機能の向上・尿酸の排出を促進する作用もあります。イミダペプチドを効果的に摂取して、連休明けに疲れを残さないようにしましょう!


0回の閲覧

© 2016 かいせい鍼灸治療室     All Right Reserve        

  • s-facebook
  • Twitter Metallic