• かいせい鍼灸治療室

季節の移ろい その4


東洋医学からみた腰痛の分類をご紹介してきましたが、西洋医学と違い、東洋医学では「腰痛」という状態を見るのではなく、その原因も含めた現象として診ていきます。そのため、同じ腰痛であっても鍼灸治療をするときには全く異なるツボを使いそれぞれの身体に合わせたアプローチをしていきます。

夏から秋にかけてのこの時期は気温変動が大きくなり、空気がだんだん乾燥してきます。それに伴い身体も色々な変化が現れます。その変化に負けてぎっくり腰や風邪などにならないためにも普段からバランスの良い食事と適度な運動、しっかりと睡眠をとることが大切です。でも、どんなに気を遣っていても、やはり時には疲れが抜けなかったり風邪を引いてしまうのも仕方のないこと。そんな時は鍼灸治療を受けて、いち早く健康な状態に戻って頂きたいと思います。


0回の閲覧

© 2016 かいせい鍼灸治療室     All Right Reserve        

  • s-facebook
  • Twitter Metallic