• かいせい鍼灸治療室

逆子治療

毎日蒸し暑く、梅雨明けが待ち遠しいですね。

何となく気分も重くなりがちな時期ですが、患者さんからちょっぴり嬉しいご報告を頂きました。

『逆子が治りました!』 …「おめでとうございます!」と言いつつ、内心かなりほっとしました。

この方は、以前に妊娠希望で通って下さっていた方で、妊娠中期の検診で逆子との診断を受けご相談にいらっしゃいました。逆子の灸のほか全身の巡りをよくするように治療をし、ご自宅でも毎日お灸をして頂きました。2週後の定期検診でもまだ治っていなかったため、再度来院頂き、全身治療とご自宅でも養生を心がけて頂くようお話ししたところ、次の検診では逆子が治り、帝王切開は回避することが出来ました。

最初にご相談頂いたときは、まだお仕事も続けておられ、忙しさと様々なストレスにより、なかなかリラックスした時間がとれなかったことが原因ではないかと考えました。そして、丁度お仕事も産休に入るタイミングで身体の負担も減り、ご自宅での過ごし方にも気をつけて頂けたことが結果に結びついたと思います。養生の大切さを改めて実感するエピソードとなりました。

不妊治療に頑張っておられる方や、妊娠して色々と体が変化していく女性、本当に多くの方が様々な不安を抱きつつ、新な家族を迎える準備を一生懸命にしています。そういう方々のお身体と精神面での安定に、鍼灸を通してほんの少しでもお役に立てればと思っています。そのためには私ももっともっと勉強しなければっ!と思っております。


16回の閲覧

© 2016 かいせい鍼灸治療室     All Right Reserve        

  • s-facebook
  • Twitter Metallic