• かいせい鍼灸治療室

8月



明日から8月、1年で最も暑い季節です。とは言え今年は早くから暑さが続き、すでに夏バテ気味の方も多いと思います。この時期にとても美味しくなるのがトウモロコシ。黄色く(白い種類もありますが…)実の詰まったトウモロコシをみると、どうにも食欲が抑えられないほど大好きな食材です。

トウモロコシは消化に悪いと敬遠されるかたもおられると思いますが、夏に食欲が落ちた時には、内側の甘い実の部分は糖質で吸収が非常に良くエネルギー補給や疲労回復にとても効果があります。また、実の薄皮はほとんど消化されずに排泄されますが、それが便通をよくするため、腸の働きが落ちて便秘になったときには最適です。ミキサーなどですりつぶしてスープなどにすると摂りやすいと思います。

夏は水分の取り過ぎや湿度により身体に余分な水分がたまりやすい時期で、むくみやだるさ、食欲不振、軟便などを引き起こします。

トウモロコシは利水効果がありムクミをとる効能を持つ食材。 胃腸の働きを高める働きもあります。また、この時期に旬をむかえるスイカや冬瓜、キュウリなど身体を冷やす性質の野菜とは異なり、トウモロコシは平性で、身体を冷やしすぎることも温めすぎることもありません。また、トウモロコシのヒゲは漢方では南蛮毛といい、カリウムが多く利尿作用に優れるため、高血圧・腎臓疾患・糖尿病・膀胱・尿道・前立腺の炎症に効果があるとされています。ただ、ヒゲをそのまま食べるのは抵抗があると思いますが、乾燥させて軽く煎ってから煎じるとほんのりと甘くてすっきりしたお茶になります。"トウモロコシのヒゲ茶"も市販されていますのでお手軽にお茶が楽しめます。旬の食材を楽しみながら、元気に夏を乗り切りましょう


20回の閲覧

© 2016 かいせい鍼灸治療室     All Right Reserve        

  • s-facebook
  • Twitter Metallic